津市 夜勤専従看護師

麻薬内服 

麻薬と聞くと、なんだか悪いイメージもありますが、癌性疼痛で苦しむ患者さんにとっては、麻薬はなくてはならない薬です。

 

癌性疼痛は、一般的な鎮痛効果のあるロキソプロフェンなどの痛み止めは、全く効果がないほど強い痛みですからね( ;´Д`)

 

医療用麻薬には、経口、静脈注射、皮下注射、貼用などの投与経路があります。

 

麻薬にも何種類かありますから、それぞれの特徴や副作用などをしっかりチェックしておく必要がありますね(´・Д・)」

 

麻薬の内服薬はドクターの処方の元、看護師が管理、準備、実施を行います。

 

麻薬の内服薬も、注射用の麻薬同様、細心の注意をしながら管理、取り扱いしなくてはなりません。

 

麻薬は病棟管理が出来ませんので、院内薬局に行き手渡しで受け取ります。

 

その際には、数を薬剤師と一緒に数え印鑑で捺印します。

 

病棟では鍵付きの金庫に保管しますが、その際にもリーダーナースなどと2人で確認を行います。

 

その際は、薬剤名、使用日時、使用量、患者名を確認します。

 

患者さんのところへ行く際も、やはり看護師2人でダブルチェックが必要になります。

 

ベットネーム、呼名、ネームバンドで確認をします。

 

そして、非常に重要なのは、必ず飲み終えたところを確認するということです!

 

注射などと違い、飲み込まずにため込んでしまう患者さんがいるのです(・_・;

 

万が一ため込んでいた麻薬を大量に内服してしまえば、自殺行為になってしまいます。

 

ですから、面倒臭がらず必ず飲み込むところと、口腔内に残っていないかまで確認することが大切ですね。

 

内服用の麻薬も便秘、嘔気などの副作用が出やすいですから、そういった副作用へとアプローチも大事ですねd(^_^o)