看護師求人サービス 給料アップ交渉

新人の頃の自分 (毎日仕事が終わるとヘトヘトで勉強なんて全然出来なかった!!!そして先輩に怒られる(-_-メ))

新人の頃は、毎日初めての事に戸惑いながら、ひたすら先輩ついてまわってましたね。

 

一日の流れ…といっても、色んな業務がありますから、頭の中はプチパニックです。

 

そこに、検査の介助、病棟オペと呼ばれるドクターが行う外科的な処置の介助など、覚える事が山ほどあります。

 

オムツ交換や体位交換も、授業で習った時と違うことばかりです(;´Д`A
オペ後であったり、麻痺や拘縮があっり、褥瘡があったり…そんな患者さんの状態に合わせて行わなければなりません。

 

先輩から、こういう時はどうするの?と聞かれても、まともに答えることも出来ず…
「はい、明日までまとめてきてね」
と、課題がだされます。

 

 

最初の頃は、検温一つにも時間がかかってしまい、先輩をイラつかせていたなぁって思います(;´Д`A

 

循環器は脈拍にも注意しなければいけませんからね…。
そこばかり気にして、何度先輩に怒られたことかf^_^;

 

検温から戻ると、先輩から○○さんの状態は?と複数人聞かれるのですが…。

 

観察のポイントを把握出来ていない私は
「…。( ;´Д`)」

 

病態を把握出来ていないから、観察ポイントもわからない、そんなことでどうやって看護をするの?と厳しくお叱りを受けます。

 

明日まで、病態整理をしてくるように?と課題を出されるのです。

 

検査や、病棟オペ、一つ一つに病態整理から、意義、目的等…課題だらけです。

 

学校であれほど勉強してきても、実際の現場に入ると分からないことばかりです(;´Д`A

 

患者さん一人一人同じ病名でも、他の基礎疾患が複数あったりするので、看護のポイントは変わってきます。

 

毎日山のような課題が出されるのに、仕事でヘトヘト…。
気づけばご飯も食べずに寝てしまい、夜中に慌てて勉強し始めますが、また(( _ _ ))..zzzZZ

 

朝起きて、青ざめる…(T ^ T)

 

もちろん、先輩には怒られ…また課題が増える。
そんな日々で、何度も挫折しそうになりましたよ(;´Д`A

 

そんな厳しい現実に、何度看護師を辞めようと思ったことか…。

 

でも、それを乗り越えた時に、やっと看護の楽しさとかを感じるようになりました(^ ^)

 

患者さん、一人一人の病態をしっかり把握する事が、どれほどその患者さんに大きく関わってくるかもよくわかりました。

 

今は、あの時逃げ出さなくて良かったなぁって思ってますよ(^_?)?☆